第3回JFCアウォード受賞

みなさま、こんにちは。

「八重子のハミング」の舞台、山口県萩市から嬉しいニュースです!

第3回JFCアウォードにて優秀賞を受賞いたしました。

http://www.japanfc.org/news_blog/?p=3942

JFCアウォードは、全国各地で優れたロケーション資源の開発や市民と一体となった撮影支援、映像作品の活用による地域活性化に向けて日々奔走するFC等を表彰するもので、今回は、萩ロケ支援隊(萩FC)の功績に対し優秀賞が贈られました。

萩、周南、下関と、山口県の各地で撮影された「八重子のハミング」ですが、中でも萩市内は原作のメイン舞台であり、まさに〝八重子さんが好きだった場所〟が満載です。

いつもの観光名所とは一味違った萩の美しい風景に出逢えます。

石崎夫婦がゆっくりと歩んだ〝ありがとうの人生(みち)〟を巡ってみてはいかがでしょうか。

その際は、劇場用パンフレットの〝ロケ地マップ〟もお忘れなく!

萩のみなさま、撮影が始まる前から、そして撮影中、公開前、現在、と本当にありがとうございます!萩のみなさまと一緒に作りあげた作品です。末永く、宜しくお願い致します!

みなさま、ぜひ、萩市へおいでませ。

(野村P)

 

 

「認知症」を怖がらない、あきらめない。

みなさまこんにちは。

先日は、マガジンハウス『クロワッサン』主催(協賛:バイオジェン・ジャパン)の健康セミナーに佐々部清監督が参加させて頂きました。

「八重子のハミング」を鑑賞後、アルツハイマー病の今を考えてみませんか、という試み。

鳥取大学医学部教授であり、日本認知症予防学会理事長の浦上克哉先生とのトークでした。

DSC_1086

認知症予防や、早期発見の大切さなど医学的なお話しと共に「八重子のハミング」で実際に描かれた出来事や、佐々部監督の体験なども踏まえ、認知症の方との向き合い方が語られました。

認知症が進み、色々と忘れてしまう事が増えても〝大切な人〟の存在はどこかで憶えていて、優しさは伝わっているというお話しにジーンとしました。

DSC_1087

浦上先生、そしてご参加下さった皆様ありがとうございました!

 

浦上先生とは「鳥取県でも〝ホール上映〟できたらいいなあ」なんてお話しも…。

実は、この公式HPからもホール上映のお申込み&お問合わせを受付ています。
http://yaeko-humming.jp/info/

あなたの街でも『八重子のハミング』を上映しませんか?
みなさまからのお便りお待ちしております!

(野村P)