山口新聞にて。

みなさん、こんにちは。

先日の山口新聞にて「八重子のハミング」の映画化が紹介されました。

八重子山口新聞0128

 

山口県内ではご覧になられた方も多いと思いますが、こちらでもご紹介を。

今回の記事では、佐々部監督の作品に対する思いや、プロデューサーとしての活動状況に加え、作品のメッセージも紹介されています。認知症を扱った多くの映画の中でも、本作は支える側の視点に立ち「一緒に生きていく」という思いが描かれ、夫婦や家族の支え合いを見つめ、観る人を勇気づける作品になるであろうと…。

また、舞台となる萩市での「映画制作支援萩実行委員会(仮称)」の発足や、佐々部監督の故郷・下関市をはじめ県内各地でサポーター支援の輪が広がりつつある事など。

さらに…

こちらの公式ホームページ情報も掲載して頂きました!(→ 嬉しい~!!)

この映画が1日も早く皆様のお目にかかれますよう、スタッフ・キャスト一同、絶賛撮影準備中!の毎日です。

(野村P)