1/6(金)~[YCAM]シネマにて上映。

 

みなさん、こんにちは。

仕事はじめを迎えた方、また、これからお正月休みに入られる方、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

「チーム八重子のハミング」は5月~の全国公開に向け絶賛準備中です!

さて今日は、お知らせが2つ。

明日1/6(金)~、山口市のYCAMシネマにて上映が始まります。特別モーニングショーとして、初日は10時30~、13時10分~の2回上映です。1/7(土)~は10時30分~になります。(詳細は劇場HPをご覧下さいhttp://www.ycam.jp/cinema/)

そして、1/11(水)14時05分~八重子のハミングドキュメンタリーが放送されます。

◆NHK総合テレビ:スタジオパークからこんにちは(第2部)http://www6.nhk.or.jp/park/

山口放送局「 YAMAGUTIC」”命をかけて”伝えたい~監督・佐々部清が描く愛~

以前、山口放送局で放送された30分の番組です。(国会中継や当日のニュース状況により内容が変更になる場合がございます。予めご了承下さいませ。)

みなさまぜひご覧ください!

(野村P)

カテゴリー: 製作日誌

絶賛上映中!@萩ツインシネマ

 

みなさん、明けましておめでとうございます。

お正月いかがお過ごしでしょうか。

本年も皆様にとってよき1年でありますように。今年も宜しくお願いいたします。

現在は本拠地の山口県:萩市にて絶賛ロングラン中!

萩ツインシネマ:0838-26-6705

お正月ももちろん営業しています。特別鑑賞券もご利用になれます。

◆1/1(日)→14時~、19時~

◆1/2(月)~→10時~、14時~、19時~

そして、1/6(金)~山口市:山口情報芸術センター[YCAM]にて特別モーニングショーが始まります!http://www.ycam.jp/cinema/calendar/2017/01/

帰省中の皆様もぜひこの機会にご来場下さいませ!ご感想を「皆様からの応援メッセージ」にもぜひぜひお寄せください。http://yaeko-humming.jp/bbs/bbs.cgi

 

今年はいよいよ、5月~有楽町スバル座ほか全国順次公開が始まります。詳細は決定次第アップいたします!

公式Facebook:https://facebook.com/yaekohumming2016/

公式Twitter:https://twitter.com/yaeko_humming

こちらでも情報を発信していきます。皆様のいいね&フォローお待ちしております。

今年も「チーム八重子のハミング」を宜しくお願いいたします!

(野村P)

カテゴリー: 製作日誌

1月~山口市[YCAM]で上映が始まります!

みなさんこんにちは。

昨日12/22で、下関と防府の上映も終了致しました。
お天気の悪い中でも劇場まで足を運んで下さり、本当にありがとうございました!

一旦、年内の上映は「萩ツインシネマを」除いて終了します。
2017年5月~の東京公開の前に一度でも山口県で再上映ができるよう、また頑張ります!

萩ツインシネマ:0838-26-6705
まだまだ、絶賛上映中です!

1/6(金)~山口市の山口情報芸術センター[YCAM]での上映が始まります。
こちらも特別鑑賞券(前売券)の使用が可能です。詳しくは劇場HPをご覧くださいませ。http://www.ycam.jp/cinema/

そして先日、「八重子のハミング」が日経新聞に掲載されました。
↓↓↓

【日本経済新聞夕刊:12/17付】
■ふるさと再訪

 島根~山口県の山陰側に唯一残る昔ながらの映画館が「萩ツインシネマ」だ。近くの定食屋で度々耳にしたのが「八重子のハミング」という映画の話題。萩を舞台にした老々介護がテーマらしい。「前売り券、買(こ)うちょるか?」と高齢者が話す。

「八重子のハミング」の主人公、陽信孝さん=嶋沢裕志撮影

萩市の高齢比率は約40%。映画は老いる都市を映す鏡だろうか。10月末に同シネマから県内先行ロードショーが始まると知り、原作者で元萩市教育長の陽(みなみ)信孝さん(77)に連絡。自費出版本「雲流る」(小学館版は「八重子のハミング」)を頂いた。

読むと、壮絶なドラマだ。胃、腸、膵臓(すいぞう)と何度もガンを患った校長の夫を心配する余り、妻が若年性アルツハイマーとなる。あえて介護施設に預けずに夫と家族で温かく、格闘しながら見守る実話だ。12年間の闘病生活後、音楽・家庭科の先生だった八重子さんは2002年12月11日、65歳の生涯を閉じた。

10月28日夜、上映会場へ赴いた。映画は原作そのもので、女優・高橋洋子さん演じる「女先生」八重子さんを知る人もいる。上映後の前夜祭で山羊ひげを生やした意外に明るい陽さんに会った。下関市出身の佐々部清監督からは、大手映画会社による映画化の話が立ち消え、市民参加型の自主映画制作で挑んだ経緯も伺った。

陽さんとの再会は11月13日の「萩時代まつり」。江戸時代から続く「萩大名行列」が目玉で、陽さんが21代目宮司を務める金谷天満宮への参拝が起源という。「いさよーし」。朝8時。約140人の平安古備組(ひやこそなえぐみ)が奴、裃(かみしも)など大名行列のいでたちで、毛槍(やり)や挟み箱などを受け渡しつつ、駕籠(かご)に小学生のお姫様を乗せ、随所で草履取りの舞を披露しながら城下町を練り歩く。

一方、朝9時に出発した「古萩町大名行列」は、羽織・袴(はかま)に正装した「旦那」と呼ぶ男の子が馬にまたがり、商店街で平安古備組と合流。正午には萩中央公園に「歴代毛利藩主」や「奇兵隊」などが集合。かつての参勤交代ルートをパレードし、金谷天満宮へ向かった。

じっくり話を聞けたのは11月末。市立萩図書館の喫茶コーナーだ。「私の人生は戦いの連続でした」と語り始めた。荒れた学校をいくつも回り、心を鬼にして不良たちを殴った。ガンで入院すると、茶髪の「悪」たちが謝罪に来て泣いた。

「日本は福祉国家ではない」。次第に幼児に戻る八重子さんを講演に連れ、老々介護のあり方を問い続けた。藍場川など妻が愛した萩の名所へ出掛け、ハーモニカを吹くとハミングで応じ、口笛でウグイスの鳴き声をまねると辺りを見回す妻の姿がうれしかった。「妻を見せ物にして」などの悪口にもめげなかった。驚いたのは「八重子のハミング」の出版や映画化に猛反対した娘さんが、上映会・前夜祭に来てくれたことだ。

話は3時間以上に及び、向き合う目が何度も潤んだ。陽さんからは、満身創痍(そうい)ながら、約1300回も各地の講演会に臨んだ気迫が伝わる。「介護でも教育でも大事なのは、家庭、学校、地域だと思います」

最後にエピソードを教えてくれた。昨年、手相師に「100歳まで生きる」と言われた。「自分の娘らまで見取りたくない」。取材後、送ってくれた車内にはフランク永井の曲が流れた。陽さんのハミングが重なる。

↑↑↑

そして、皆様からの「応援メッセージ」掲示板が開設されました!
http://yaeko-humming.jp/bbs/bbs.cgi

パンフレットにも寄稿して下さいました、山田洋次監督、女優の羽田美智子さん、大林宣彦監督、そして谷村新司さんからのコメントも掲載されております。
皆様からのメッセージ、心よりお待ちしております!

(野村P)

カテゴリー: 製作日誌

下関:12/22まで延長決定!

 

みなさんこんにちは。

シネマサンシャイン下関で再々延長決定!12/22(木)までの上映となりました。
ありがとうございます。http://www.cinemasunshine.co.jp/theater/shimonoseki/

特別鑑賞券(前売券)をお持ちのお客様、お見逃しのございませんよう、お早めに劇場へお越しくださいませ。

そして、2回3回とお越し頂いているお客様、本当にありがとうございます!
「1回目でパンフレットを購入し、2回目にサントラを購入し、さらに3回目で新たな発見と感動がありました」など、嬉しいご感想も頂いております。

ロードショーは、今しかない貴重なタイミングです。
ぜひぜひ劇場でお楽しみください。お待ちしております!

 

そして下関では先日、原作の陽信孝さんの講演が行われました。

山口新聞より。

2016-12-9%e5%b1%b1%e5%8f%a3%e6%96%b0%e8%81%9e

*この後、シネマサンシャイン下関は12/22まで延長されました。

以下、朝日新聞より

2016-12-9%e6%9c%9d%e6%97%a5%e6%96%b0%e8%81%9e

“多くの決断の中で、生きることは逃げないことと教えられた。
怒りには限界があるが、優しさは全身から泉のように湧き出てくる”

“毎日、先が見えない生活だったが、介護は周りの理解とサポートがあって成り立つ”

 

撮影中もそんな陽先生の気持ちがいつもいつも心に響いていた気がします。

この映画が、皆様の生活の中で“何か”のお役に立てれば嬉しいです。。。

 

そして、陽先生の原作本が「小学館メディア向け情報サイト」にて紹介されました。

小学館S-PRESS
http://s-press.shogakukan.co.jp/article/9172/
文庫本の帯にも映画の紹介がされております!お近くの書店にてお求めくださいませ。

本拠地・萩市では、萩ツインシネマ0838-26-6705にて絶賛公開中!
イオンシネマ防府https://cinema.aeoncinema.com/wm/hofu/ は12/22(木)まで!

東京ほか全国順次公開は2017年5月からです。
そちらの情報も間もなく。今しばらくお待ちくださいませ。

まだまだ続く「チーム八重子のハミング」を宜しくお願い致します。

(野村P)

カテゴリー: 製作日誌

上映延長!@下関、と1月の上映。

みなさんこんにちは。

今日は、各劇場での終了予定をお知らせ致します。

シネマサンシャイン下関でも、1週間の上映延長が決定しました!
ありがとうございます!

◆シネマサンシャイン下関 → 12/15(木) まで *1週間延長
http://www.cinemasunshine.co.jp/theater/shimonoseki/

◆宇部シネマスクエア7 → 12/9(金) まで *1週間延長
http://cinesqu.com/movie-detail.php?filmId=74

◆MOVIX周南 → 12/15(木)まで
http://www.smt-cinema.com/site/shunan/week.html

◆イオンシネマ防府 → 12/22(木)まで
http://cinema.aeoncinema.com/wm/hofu/

◆萩ツインシネマは絶賛上映中です。まだまだやります!
TEL:0838-26-6705

お手元に「特別鑑賞券(前売券)がまだある!」というお客様はお早めに劇場へお越し下さいませ。もちろん当日券でのご入場、リピーターの方も大大大歓迎です!!
引き続き宜しくお願い致します。

そして、2017年1月~、山口市のYCAMシネマでの上映が決定しました。

◆山口情報芸術センター(YCAMシネマ)
http://www.ycam.jp/cinema/calendar/2017/01/
1/6(金)、1/7(土)、1/8(日)、1/9(月)、1/12(木)、1/13(金)、1/14(土)、1/15(日)
*全日程10:30~1回上映(1/6のみ13:30~回もあり)
*特別鑑賞券(前売券)使用可能です。

皆様のお越しを心よりお待ちしております!

(野村P)

カテゴリー: 製作日誌